こんにちは◎

assistantの寺嶋です!

 

 

突然ですが僕、最近映画を見るのにハマってるんです。

 

 

先日は友人に紹介してもらった ブリグズリー・ベア という映画を見てきました。

 

 

 

 

この映画の主人公は25歳のジェームズ。

実は彼、赤ん坊のころに誘拐され25年間

誘拐犯の夫婦を自分の両親だと思い込み、外界とは隔離されたシェルターで育てられていたのです。

そんなある日両親の元に警察がやってきて2人は逮捕。

ジェームズは本当の両親の元に帰り新しい生活を送ることになります。

しかし、25年もの間世界と隔離され

誘拐犯である夫婦が製作した教育番組 ブリグズビー・ベア だけを見て育ってきた彼の世界観は

クマのヒーローのことで頭がいっぱいでした。

 

 

クマのブリグズビーが銀河の危機を救うために冒険する壮大なSFストーリー。

そのスケールはVHS25巻、全736話にも及び

それだけを見てきたジェームズにとってはまさに彼の世界の全て。

新たな環境で生活を始める彼はいまだ完結していないその作品を自らの手で完成させようとするのです。

 

 

 

 

 

 

 

自分が誘拐されていたという事実

25年もの間一緒に生活して来た夫婦がその犯人であったこと

そんな驚愕の事実を気にもとめず

ただ自分の人生のすべてであった ブリグズビー・ベア のことだけを考え

自らの手でその続編を完成させるためだけに

一生懸命に取り組むその姿はとても印象に残りました。

 

 

 

 

 

 

 

周りの言うことやおかれた環境

そんなものを微塵も気にせず

自分の こうしたい こうなりたい これが知りたい という

気持ちに純粋に向き合う姿が

おかしくもかっこいいそんな作品でした。

 

 

 

きっとどんな環境、職業でも

何か物事をやり遂げる人というのは

彼のような 側から見れば子供のような

やりたいことに純粋に取り組める人たちなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

僕もジェームズに負けないよう

大好きな美容師全力で楽しんでいきます◎

 

 

 

 

 

assistant     寺嶋 智浩